複写機やプリンターの紙詰まりトラブル


本日は冬場の印字トラブルにて一例をご案内させていただきます。

乾燥するこの時期は、複写機やプリンターの紙詰まりに悩まされていませんか?冬場は結露による湿気の問題が一番多くなります。

特に休み明けの月曜日は室内はぐーんと冷えてます。そこにストーブ点火で一気に温度が上昇すると複写機やプリンターの本体内部に温度差が生じて起こるのが”結露”です。これが起きるとコピー用紙が感光体やカートリッジに張り付いて、2枚一緒に出てしまいます(;_;)

この問題の解決方法ですが、
まずは室温が十分に暖まってから複写機やプリンターをお使いください。機器内部の結露もなくなり用紙が湿気がなくなります。そうすることで、紙ずまりが防止出来ます。

日常的に乾燥剤(シリカゲル)をコピー用紙や印刷用紙をカセットの隙間に入れるといいですょ。使用しない用紙はできるだけ包みから出さずにしてください。また、使用するときには用紙に空気を入れるようにさばいてカセットにセットしてください。急がば回れ日々のほんの一手間で快適な印字が実現できます。


印刷コスト削減するなら>>

Twitter 是非フォローお願いしますね!
リサイクルトナーならオッティモ【公式】