オッティモトナー はリサイクルトナー, 純正トナー プリンタ消耗品のネット通販ショップです。15時までのご注文で在庫品に限り即日発送!

1,2を選択し、クリック→
サイト内の商品検索(例 LP-S7160、HPRB30A)
案内人

個別商品のご案内について

トナーカートリッジ、感光体、プリンター本体個別のご案内事項です。

トナー交換方法、ドラム交換時の注意事項、プリンタトラブルなどお客様からお問合せいただき、ご回答させていただきました内容を中心にご掲載させていただいております。本ページに記載のないことでもご質問ございましたらお気軽にお問合せください。


メーカー:JDL(日本デジタル研究所) 商品名:LP35Gトナーカートリッジ

トナーカートリッジ交換後、エラー343の表示になる
その場合は、下記の手順に従って確認してください。

トナーカートリッジ本体を入れた際に右側にある「ノブ」がセットされていないことでこのエラーが発生致します。ノブが回転しなくなるまで回してください。

商品リンク:
JDL/日本デジタル研究所 LP35G消耗品

メーカー:ブラザー/brother 商品名:DR-41J交換時のリセット方法

新しいドラムユニットを交換時には、下記の手順に従ってドラムカウンタのリセットを行ってください。
なおお使いの機種により操作方法が異なります。
対応機種がMFC-8380DN MFC-8380DWの場合、まず本体の熱が冷めるまで10分以上放置してからはじめてください。

ドラムカウンタのリセット方法

(1)フロントカバーリリースボタンを押して、フロントカバーを開く
(2)ドラムユニットとトナーカートリッジをゆっくり取り出す
(3)青色のロックレバ-を押しながら、トナーカートリッジをドラムユニットから取り出す
(4)新しいドラムユニットを開封する
(5)トナーカートリッジをドラムユニットに装着する。このとき、ロックレバーが上に上がっていることを確認してください。また、トナーカートリッジはドラムユニットの表示に合わせて、正しい位置にセットしてください。
(6)ドラムユニットとトナーカートリッジを元の位置に戻す
(7)フロントカバーを開けたままを押す(パネル上のクリア/バックを押す)
(8)「ドラム交換しましたか?」と表示、「1.はい」を押す
(9)フロントカバーを閉じる

対応機種がHL-5340D HL-5350DN HL-5380DNの場合
Drumランプが点灯した場合は、ドラムユニットを交換してください。
本体の熱が冷めるまで10分以上放置してからはじめてください。

ドラムカウンタのリセット方法

(1)フロントカバーボタンを押し、フロントカバーを開けます
(2)ドラムユニットをゆっくり取り出す
∗静電気によって本体が損傷することを防ぐため、電極には手を触れないでください
(3)青色のロックレバ-を押しながら、トナーカートリッジをドラムユニットから取り出す
(4)新しいドラムユニットを開封する
(5)トナーカートリッジを新しいドラムユニットに装着します。正しく装着されるとカチッと音が鳴り、青色のロックレバーが自動的に上がります
(6)ドラムユニットを戻します
(7)ドラムカウンタをリセットします。①4つすべてのランプが点灯するまで約4秒間 (Go)を押したままの状態にします。②すべてのランプが点灯したら、(Go)を離します
(8)フロントカバーを閉じる

※ご注意事項
ドラムカウンタのリセットは、ドラムユニットを交換する時以外は行わないでください。
ドラムユニットの交換する時以外でリセットを行うと、ドラム寿命の正しい値が計測できなくなります。

∗内部にトナーが残っていることがあります、ドラムユニットの取りはずしには十分お気をつけてください。また、ドラムユニットを交換時は、本体のお清掃することをおすすめいたします。

商品リンク:
ブラザー/brother MFC-8380DN対応消耗品
ブラザー/brother HL-5340D対応消耗品

メーカー:ブラザー/brother 商品名:DR-22J

ドラムユニットの交換時期に到達し、新しいドラムユニットに交換した後も[Drum]LED(ランプ)が消灯しない場合は、 ドラムカウンタのリセットを行っていないことが考えられます。
その場合は、下記の手順に従ってドラムカウンタのリセットを行ってください。

ドラムカウンタのリセット方法

(1)フロントカバーを開ける。
(2)4つのLEDランプが点灯するまで<GO>を約4秒押し続けます。
(3)4つのLEDランプが点灯したら、<GO>を離してください。
(4)フロントカバーを閉じます。
(5)Drumランプが消灯したらリセットが完了します。
●マニュアルP87、P88も合わせてご参照ください。

※ご注意事項
トナーのみ交換時にはドラムカウンターをリセットを行わないでください。

商品リンク:
ブラザー/brother DR-22J消耗品

メーカー:ブラザー/brother 商品名:DR-30J
メーカー:ゼロックス/xerox 商品名:CT350324

ドラムユニットの交換時期に到達し、新しいドラムユニットに交換した後も[Drum]LED(ランプ)が消灯しない場合は、 ドラムカウンタのリセットを行っていないことが考えられます。
その場合は、下記の手順に従ってドラムカウンタのリセットを行ってください。

ドラムカウンタのリセット方法

(1)フロントカバーを開ける。
(2)コントロールパネルの「Go」ボタンを、4つのLEDランプが点灯するまで押し続けます。
(3)4つのLEDランプが点灯したら、手を離してください。
(4)フロントカバーを閉じます。
(5)以上でドラムカウンタのリセットが完了します。

※ご注意事項
ドラムカウンタのリセットは、ドラムユニットを交換する時以外は行わないでください。
ドラムユニットの交換する時以外でリセットを行うと、ドラム寿命の正しい値が計測できなくなります。

商品リンク:
ブラザー/brother DR-30J
ゼロックス/xerox CT350324

メーカー:ゼロックス/XEROX 商品名:DocuPrint C3050

トナーが定着しない、トナーで用紙が汚れてしますことがある場合

下記内容を確認してください。

(1)プリンターで推奨されている用紙を使っているか。
(2)新しい用紙に交換してみる。湿気を含んでいる場合にはこれが原因となります。
(3)用紙選択内容を変更してみる。例えば普通紙選択の場合には上質紙、厚紙1の場合には厚紙2へ設定を変更して印字してみてください。
(4)上記内容に該当しない場合や改善されない場合にはフュザーユニットの劣化の可能性もございます。

※ご参考
詳しい内容はお手元のプリンターマニュアルP84をご参照ください。

商品リンク:
DocuPrint C3050用リサイクルトナー

メーカー:NEC/日本電気 商品名:Multiriter2900C本体

機械内部に結露が発生!

操作パネルを使用して、スリープモードに移行する時間を1時間以上に設定し、電源を入れたまま放置してください。機械内部があたたまり、約1時間で水滴がなくなり、正常に使用できます。

頻繁に結露が発生する時は操作パネルで

(1)キカイ カンリシャ メニュー
(2)メンテナンスモード
(3)ケツロ ボウシ モード
(4)ユウコウ
(5)に設定してください。

※ご参考
詳しい内容はお手元のプリンターマニュアルP81をご参照ください。

※ご注意事項
リサイクルカートリッジはプリンターメーカーによりリサイクルされたものではないため、特にカラー印刷・写真印刷に関してメーカー純正品とは精密さや色合いが異なります。あらかじめご了承の上、ご使用ください。
※複数カートリッジを搭載できる機器で、当社カートリッジと他社リサイクルカートリッジを同時に搭載して使用することはご遠慮ください。

メーカー:コニカミノルタ 商品名:TCPP6640トナー

コニカミノルタPagepro 6640ENトナーカートリッジの交換について

操作パネルに次のメーッセージが表示されるとトナー寿命が近づいてきてます。新しいカートリッジをご用意してください。

このメーッセージが表示されるとあと200枚ほどで印刷できなくなります。※あくまでも目安です。

カートリッジヨウイ

次にこのメーッセージが表示される寿命です。印刷面にカスレやスジ、汚れが出ます。

カートリッジコウカン

さらに次にこのメーッセージが表示される印字はできません。

カートリッジヲ
コウカンシテクダサイ

※ご参考
詳しい内容はお手元のプリンターマニュアルP92をご参照ください。

※トナー概要
印字枚数:約15,000枚(A4・5%連続印刷時)
印刷の仕方により、印刷可能枚数は異なります。間欠印刷時,普通紙以外の印刷モード時、および、節電モードの使用、電源の頻繁なオン、オフの繰り返しにより、印刷可能枚数は少なくなります。そのためトナーの印刷可能枚数は、お客様の使用条件、使用環境によっては半分以下になる場合があります。予めご容赦ください。もちろん、純正 6640EN用トナーでも同様です。
※但し、カートリッジの経年劣化で枚数は変動します。

コニカミノルタPagepro 6640EN用 消耗品(TCPP6640トナー)

メーカー:ブラザー 商品名:TN-11J、TN-27Jトナー

ブラザーHL‑2130 TN‑11J、 HL‑2240D/HL‑2270DW TN‑27Jトナーカートリッジの交換について

Tonerランプが2秒点灯3秒消灯の交互動作が発生したら、新しいカートリッジをご準備してください。

Tonerランプが点灯した場合はトナーは僅かです。新しいトナーカートリッジに交換してください。

トナーカートリッジ交換手順
①プリンター本体電源ON状態にして10分以上待ってからフロントカバーを開ける。
②ドラムユニットを取り出す。❊トナーとドラムがセットになっているもの。
③緑のロックレバーを押し下げてドラムユニットからトナーカートリッジを外す。
④新しいトナーを開封し、トナーが均一になるように左右に5回程度こぼれないように振る。
⑤カチッとした音が鳴るようにトナーカートリッジをドラムユニットに装着する。
⑥トナーにある緑色のつまみを2、3回程度往復させて元に位置に戻す。❊ドラム内部の清掃のトナーとドラムを元の位置に戻しフロントカバーを閉じます。

※ご参考
詳しい内容はお手元のプリンターマニュアルをご参照ください。

メーカー:キヤノン 機種名:LBP3600 LBP3500 LBP3310 LBP3300 LBP3100

トナー濃度調整方法について

トナー交換後、印字が薄いまたは濃い時に手動で濃度調整することができます。

トナー濃度調整方法/LBP3600 LBP3500 LBP3310 LBP3300 LBP3100
①PCのコントロールパネルからデバイスとプリンターを選択します。
②その中から通常使用しているプリンタから選択します。
③印刷品質のタグページの詳細ボタンをクリックします。
④トナー濃度のスライダーバーがあります。左にすると薄く、右にすると濃くなりまります。スライダーバーを動かした後にはOKボタンとおしてください。
※トナー濃度を濃くするとトナーの消費量が増えますのでご注意ください。

※ご参考
詳しい内容はお手元のプリンターマニュアルをご参照ください。

メーカー:キヤノン/canon 対応機種:LBP7200C 商品名:カートリッジ318での印字汚れについて

用紙の裏面が汚れる

黒点のような汚れが付着しているケース

●主な原因はプリンタ内部の定着ローラの汚れが推察されます。
そのため黒点の汚れが付着するような時は、下記の手順沿ってで定着ローラを清掃をクリーニング1実行します。
(1)まず白紙のA4サイズの用紙を用意してください。
(2)手差しトレイに、このA4サイズの用紙をセットします。
(3)パソコンのプリンタステータスウィンドウに表示されているプリンタをクリックします。
(4)プリンタのステイタスが表示されるので[オプション]メニューから[ユーティリティ]そして[クリーニング1]を選択、OKを押します。
(5)セットした用紙が給紙されクリーニングが開始します。
(6)用紙が排紙されましたらクリーニングが終了となります。

※ご注意事項
定着ローラのクリーニングは途中で中止出来ません。実行時間は約70秒です。

商品リンク:
キヤノン LBP7200C対応消耗品

メーカー:キヤノン 機種名:MF4890dw  カートリッジ328

カートリッジ交換後、印字がうすくなりました

トナー交換後、全体的に印字が薄い時に手動で調整することができます。

定着器のクリーニング
①メニューから調整/メンテナンスを選択
②その中から定着器のクリーニングを選択します。
③手差し給紙に用紙をセット
④定着器のクリーニングをおしてください。

※ご参考
詳しい内容はお手元のプリンターマニュアルをご参照ください。

メーカー:ゼロックス 機種名:DocuPrint P450  CT202078カートリッジ

リターン品時のご使用済みカートリッジご送付時のお願

トナーカートリッジ部分のみご送付をお願いいたします。
①こちらのタイプはトナー部分とドラム部分が合体した形でプリンタ内にございます。
②一体で取外しすることができます。
③上のCT202078の部分のみを取り除き
④こちらを当店が手配する運送会社へお預けください。

※ご注意
万が一一緒に送付されますとドラムは不要と見なし、破棄処分することになります。

メーカー:キヤノン 機種名:LBP8730i LBP8720 LBP8710 LBP8710e  カートリッジ533/533H

トナーカートリッジ交換について

交換時にはマニュアル等で事前にご確認の上お願いいたします。
①手前のボタンを押しながら手前に開いてフロントカバーをあけます。
②カートリッジを取り外してください。
③新しいカートリッジ左右に衝撃を与えないように軽い左右に4,5回振り中のトナーを均一にして最後に水平なところでシーリングテープまっすぐ抜き取ってください。途中で切れると印字不良となりますのでご注意ください。
④上記のカートリッジを取り付けてください。

※ワンポイント
メッセージで16 トナーカートリッジの寿命が近づいています。が表示させましたら、新しいカートリッジをご準備して早めに交換することをお薦めいたします。多少印字出来ますが、FAXなど受信ができないこともあります。

商品リンク:キヤノントナーカートリッジ533/533H

メーカー:京セラミタ 機種名:TASKalfa 250ci TASKalfa 300ci  TK-865海外純正

トナーに関しての注意事項

「指定外のトナーが装着されています」のエラーメッセージ及びトナー残量が検知されません。ICチップの暗号化により完全なリセットができないことが原因です。カートリッジ不良ではありません。
TK-865(海外純正)は 国内品番:TK-866となっております。

メーカー:キヤノン 機種名:LBP-3410 LBP3410  カートリッジ510/510II

カートリッジの大きさについて

カートリッジ510とカートリッジ510IIとのカートリッジは両方ともSatera LBP3410にご使用が可能な消耗品です。それぞれ印字枚数は、カートリッジ510は約6,000枚(A4・5%連続印刷時)、カートリッジ510IIとは約12,000枚(A4・5%連続印刷時)となっており、価格面からもカートリッジ510IIのトナーの方がお買得な商品となっております。なお、カートリッジ自体の横幅は同じ大きさですが、カートリッジ510IIの奥行が約5センチほど長くなっております。交換はカートリッジを奥まで押し込んで装着出来ますのでどうぞご安心ください。

☑エラー14 トナー ミソウチャク 表示の場合は、トナーカートリッジが正しくセットされておりません。今一度セットし直してみてください。

商品リンク:キヤノンカートリッジ510/510II

ご注文方法
ご注文方法

お注文方法の詳しい内容はこちらからご確認ください。

納期について
ご出荷対応別の納期について

ご出荷対応の詳しい内容はこちらからご確認ください。

お支払い方法について
NP後払い
クレジットは安心のゼウス決済システム

ご購入情報はSSLにて暗号保護してます。ご安心ください。

その他、お支払方法の詳しい内容はこちらからご確認ください。

配送について
送料、お届けに関するコメント、サーポートセンターの受付時間案内
通話無料0800-800-4435

よくあるお問合せはこちらからご確認ください。