リサイクルトナー(再生品)は経費削減が最大の魅力!


リサイクルトナー、リサイクルドラム(再生品)の最大の魅力はなんといっても純正品に比べ圧倒的経費削減ができることにつきますね。

今回は富士通FUJITSU Printer XL-9381対応のLB320Aトナーカートリッジをベースに具体的な数値化してみます。

富士通 LB320トナーカートリッジの純正品には印字枚数が約6,000枚の標準容量タイプLB320Aと約12,000枚の大容量タイプLB320Bが用意されておりお値段にも相違点あり
トナーカートリッジLB320Aは31,500円(税別)印字枚数:約6,000枚
トナーカートリッジLB320Bは35,400円(税別)印字枚数:約12,000枚
トナーカートリッジはトナーの容量違いとなっておりPrinter XL-9381ではLB320AもLB320Bのどちらにもご使用いただけます。

∗対応機種:FUJITSU XL-9381


純正品はご存知のとおり、プリンターメーカーさんが生産してる新品トナーカートリッジでメーカーサポートが受けられ安心感が最大の魅力ですが購入時の調達コストが高コストになることがネックです。

リサイクルトナーは使用済カートリッジの交換に必要なパーツの交換とコンパチトナー充填して再生したカートリッジ、だからカートリッジ開発コストもかからずその分価格面に反映でき圧倒的な安価なトナーカートリッジとしてて提供できます!

言葉の説明はここまで!
論より証拠!
下記にて数値化してみます。

富士通LB320A純正品と富士通LB320B/Aリサイクルトナーを年間10本
購入した場合の得た削減効果となっております。
トナー名 純正品標準価格 税別 リサイクルトナー価格例 税別 純正とリサイクルの差額 年間コスト削減予想(年間10本)
富士通LB320A 31,500円 10,400円 -21,100円 126,600円

また、上記は金額(コスト面)でしたが下記は印字枚数に着眼して数値化してみました。下の表からもおわかりいただけるかと存じますが、純正品はLB320AとLB320Bがありますが当店のリサイクルトナーの場合にLB320B/Aとなっており、全てLB320Bと同様に印字枚数が約12,000枚仕様でリユース(再生)しております。

そのため、金額面の優位もさることながら印字枚数にもその差が表れ、実際には「LB320A純正品」を10本使用するところがリサイクルトナーの場合にはその半分5本購入で年間10本相当分をまかなえます。

トナー名 純正品の印字枚数 リサイクルトナーの印字枚数 純正とリサイクルの差 増えた総枚数(年間10本)
富士通LB320A 約6,000枚 約12,000枚 6,000枚 36,000枚

●富士通LB320B/Aにつきましては、使用済みカートリッジが少ないため在庫の無い商品です。まず先にお客様の使用済みカートリッジをお預かりし、7日から3週間の間にトナーを充填しお戻し致します。
なお、LB320Bへの再生過程はスターターあるいはLB320A(標準容量)
のいずれからでも可能です。もちろん、LB320Bトナーカートリッジからも再生はOKです。また再生回数もなんと最大10回とこれはリサイクルトーを使用するに十分な理由付けともなりますね
そのため、トナーが無い期間が発生しますので事前に予備のトナーをご用意してください。なお現在は数量に限りはございますが、すでにリサイクルされた状態で在庫があるリサイクルトナーカートリッジもございます。在庫状況によりますがご注文頂ければ、すぐに納品が可能です。

以上リサイクルトナーの優位点などを中心にお伝えしておりますが、
リサイクルトナーをご利用されたことのない方以前使った経験あるが
失敗したなどで切り替えにご不安なこともおありかと存じ上げております。

当店なら大丈夫!どうぞご心配ございません。
お安くても品質は万全でしかも保証もお付けしております。万が一の場合もご安心いただけます。

※価格積算は2015年7月21日時点をベースにしております。

本件のご不明なことはお気軽にお問い合わせフォームかお電話にて当店までご連絡ください。

印刷コスト削減するなら>>

Twitter 是非フォローお願いしますね!
リサイクルトナーならオッティモ【公式】